« 恐怖症は特定のある一つのものに対し、他人には不可解な理由から、心理学的、および生理学的に異常な反応を起こす症状 | トップページ | 夏の夕暮れ (日本eリモデル) »

2010年7月15日 (木)

身体表現性障害、心身症は、こころの問題の関与が大きい身体疾患

身体表現性障害、心身症(しんしんしょう)は、こころの問題の関与が大きい身体疾患の総称。
精神の持続的な緊張やストレスによって発生する。身体的な検査で実際に異常を認めることも多い身体疾患であるが、症状の発生や、症状の増悪に心因が影響している疾患をさす。
身体的な治療と並行して、心理面の治療やケアも必要な場合が多い。
なお、適応障害との区別は曖昧であり、同じ病気として扱う精神神経科医も多い。

心身症とは身体疾患の中で、その発症や経過に心理社会的な因子が密接に関与し、器質的ないし機能的障害がみとめられる病態をいう。
ただし神経症やうつ病など他の精神障害にともなう身体症状は除外する。

意識集中法うつ 大阪 梅田カウンセリング 梅田うつ カウンセリング 大阪 梅田

« 恐怖症は特定のある一つのものに対し、他人には不可解な理由から、心理学的、および生理学的に異常な反応を起こす症状 | トップページ | 夏の夕暮れ (日本eリモデル) »

カウンセリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270649/35757878

この記事へのトラックバック一覧です: 身体表現性障害、心身症は、こころの問題の関与が大きい身体疾患:

« 恐怖症は特定のある一つのものに対し、他人には不可解な理由から、心理学的、および生理学的に異常な反応を起こす症状 | トップページ | 夏の夕暮れ (日本eリモデル) »