日記・コラム・つぶやき

2010年4月 8日 (木)

ビルドはソースコードファイルを独立したソフトウェア生成物に変換するコンピュータ上で実行されるプロセス、またはその結果を指す

ソフトウェアのビルド(英: build)は、ソースコードファイルを独立したソフトウェア生成物に変換するコンピュータ上で実行されるプロセス、またはその結果を指す。
ビルドにおいて最も重要なのはコンパイルプロセスであり、ソースコードファイルを実行ファイルに変換する。
単純なプログラムでは、単一のファイルをコンパイルするだけで済むが、複雑なソフトウェアではソースコードは多数のファイルで構成されており、異なった組み合わせ方をすることで異なったバージョンを生成できる。
コンピュータプログラムのビルドは、一般にビルドツールと呼ばれるプログラムを使い、他のプログラムを制御・統合して行う。
ビルドツールの例としては、make、ant、maven、SConsなどがある。ビルドユーティリティは、各種ファイル群を正しい順序でコンパイルしリンクする必要がある。
また、開発時には何度もビルドを繰り返すが、前回のビルドから何も変更されていないファイルはコンパイルする必要がない(ただし、ヘッダファイルなどの依存関係も考慮する必要がある)。
洗練されたビルドユーティリティは無駄な再コンパイルをしないようにして、ビルドに要する時間を短縮している。
Subversionなどのバージョン管理システムはビルドユーティリティの機能を内蔵している。
さらに複雑なプロセスになると、ビルド中に他のプログラムを使ってコードやデータを生成することもある。

インターネット用語集インターネット広告用語集